内部監査体制

内部監査の役割

当社グループの内部監査部門である監査部は、業務の健全かつ適切な運営を確保し、経営目標の達成に貢献することを目的に、コンプライアンスやリスク管理などの内部管理態勢および内部統制の有効性・適切性について、執行部門から独立した立場で検証・評価し、課題点の是正・改善に向けた提言をおこなっています。

グループの内部監査態勢

当社では、当社グループ内で統一的方法・基準により内部監査を実施できる態勢とするため、当社および子会社が内部監査に関する方針および規程類を定める場合に準拠する「内部監査基本規程」を制定しています。
また、原則として当社監査部員全員を横浜銀行および東日本銀行監査部の兼務とし、グループ一体で効率的・効果的な内部監査を実施する態勢を整備するとともに、一貫性のある内部監査を実施することにより、内部監査機能の強化をはかっています。
当社監査部は、年度ごとに策定する内部監査基本計画にもとづいて、各部・連結対象子会社などの内部監査を実施するとともに、その内部監査結果や課題に対する執行部門の対応状況などを、グループ経営監査会議、取締役会および監査役会に報告しています。
さらに、より実効性のある内部監査を実践するため、監査役、会計監査人および内部統制機能を所管する部署と、定期的に情報交換の場を持つなど、連携をはかっています。

グループの内部監査態勢図

内部監査の高度化・効率化に向けた取り組み

当社監査部は、限られた監査資源を有効かつ効率的に監査対象へ配分するため、内部監査の対象となる部署や業務に内在するリスクを評価(リスク・アセスメント)し、その結果に応じて監査の対象や実施頻度、深度を決定するリスクベースの監査を実施しています。
また、監査品質の維持・向上をはかるため、多様な専門人材の確保に加えて、監査部員の育成計画を策定し、計画的に人材育成に取り組むなど、グループ全体の内部監査資源の充実に取り組んでいます。