閉じる

川村健一

皆さまには、平素よりコンコルディア・フィナンシャルグループにご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
今般の新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表するとともに、感染された方々や現在不安と困難のなかにおられる方々に対して、心からお見舞いを申しあげます。

横浜銀行と東日本銀行の持株会社であるコンコルディア・フィナンシャルグループが発足して4年が経ちました。現在の私たちを取り巻く環境は、想像を超える速さ、大きさで日々変化しています。私たちも自ら「変革」を続けて社会の変化を乗り越え、将来にわたって皆さまから選ばれ続ける金融機関でありたいと考えています。

当社は、新しい金融企業へ転換していく「変革」の3年間として、昨年度新たな中期経営改革をスタートさせました。
3つの基本方針として、
・お客さまの成長支援や課題解決を通じた「コアビジネスの深化」
・デジタル技術を活用した「構造改革による生産性向上」
・新たな事業領域へ挑戦するとともに持続的な成長を支えるための強い組織を作る「経営基盤の強化」を掲げ、現在さまざまな施策に取り組んでいます。

中期経営改革2年目の2020年度は、傘下の横浜銀行、東日本銀行の一体運営をより一層進めながら、具体的な施策を着実かつ迅速に実行していく大切な年となります。

当社は、「従来の銀行を超える新しい金融企業」をめざして変革を重ねて企業としての成長を続け、当社の成長を通じて社会の持続的な発展に貢献してまいります。

今後とも、ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2020年4月
株式会社 コンコルディア・フィナンシャルグループ
代表取締役社長

大矢 恭好

ページトップへ