閉じる

川村健一

皆さまには、平素よりご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
コンコルディア・フィナンシャルグループは、2016年の発足から今年で6年目を迎えました。

人口減少・高齢化やマイナス金利政策の長期化に加えて、新型コロナウイルス感染症拡大による経済活動の停滞、新しい生活様式の浸透など、私たちの経営環境はこれまでにない速さで大きく変化しています。

このような環境のもと、当社グループは「従来の銀行を超える新しい金融企業」という長期的にめざす姿の実現に向け、2019年度からの3年間を計画期間とする中期経営計画に取り組んでおります。

2020年度は、中期経営計画の2年目として、3つの基本方針にもとづき、ソリューション営業の高度化・店舗オペレーション改革・強い組織と人づくりの強化などの重点施策を着実かつ迅速に推し進めていく年に位置付け、各施策の取り組みを進めてまいりました。最終年度となる2021年度は「構造改革の総仕上げの年」と位置づけ、3つの基本方針であるコアビジネスの深化、構造改革による生産性向上、経営基盤強化の各施策の取り組みをさらに加速・深化させ、「レジリエンスが高く持続的に収益を上げられる経営基盤の構築」を実現し、新たな成長ステージにつなげてまいります。

今後とも、ご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2021年6月
株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループ
代表取締役社長

大矢 恭好

ページトップへ