閉じる

私たちコンコルディア・フィナンシャルグループは、コンプライアンスを経営の重要課題のひとつとして位置づけ、すべての役職員が一丸となって、コンプライアンス態勢の充実に努めます。

1.公共的使命

公共的使命の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じて揺るぎない信頼の確立を図るべく、確固とした企業倫理の構築に取り組みます。

2.法令やルールの厳格な遵守

コンプライアンスが、社会からの信頼を揺るぎないものとするうえでの基本原則であることを認識し、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実かつ公正な企業活動を遂行します。

3.社会とのコミュニケーション

経営等の情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、広く社会とのコミュニケーションを図り、ステークホルダーの声を受けとめて健全性の確保やサービスの向上に向けた努力を重ねます。

4.従業員の人権の尊重等

従業員の人権、個性を尊重するとともに、職場における不当な取扱いや差別の防止に努め、安全で働きやすい環境を確保します。

5.顧客本位のサービスの提供

お客さまの真のニーズに応えるとともに、セキュリティレベルの向上や優越的な地位の濫用の防止などお客さまの利益の適切な保護にも十分配意した顧客本位のサービスの提供を通じて、地域経済・社会の発展に貢献します。

6.反社会的勢力との関係遮断と金融犯罪の防止

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは断固として対決し、関係遮断を徹底して、金融犯罪の防止にも取り組みます。

7.マネー・ローンダリングの防止およびテロ資金供与への対策

マネー・ローンダリング防止およびテロ資金供与対策の観点から、一元的な内部管理態勢を構築します。

以上

ページトップへ