閉じる

8・9・11

地域とともに
豊かで持続的に発展する社会づくりへ。

地域の皆さまと協働し、魅力あふれる地域づくりに取り組みます。

地域経済の持続的な成長へ

地方創生への取り組み(横浜銀行/東日本銀行)

地方創生の取り組みとして、地方公共団体がまとめる「地方版総合戦略」の策定および推進に協力しています。横浜銀行では、産官学と連携し、地域金融機関が持つ情報や知見などを活かして積極的にソリューションを提供していくことで、地域経済の成長に貢献しています。また、地域ごとの課題とめざすべき10年後の姿を予測して、そのビジョンに向けて銀行が取り組む「はまぎん10年後プロジェクト」を進めています。

キャッシュレス社会の実現

はまPayによるキャッシュレス化支援(横浜銀行)

現金を使わない「キャッシュレス決済」が世界中で広がっています。決済効率化、インバウンド消費取り込みのため、現在20%の国内キャッシュレス比率を将来的に80%まで高めるのが政府の目標です。スマートフォンを活用した「はまPay」で小売店や商店街のキャッシュレス導入やデータ活用を支援しています。

豊かな地域をめざす活動

本支店でのボランティア活動(横浜銀行/東日本銀行)

地域の商店街のお祭りや清掃活動に両行本支店の行員らが積極的に参加しています。

横浜マラソンへの参加(横浜銀行)

毎年横浜で開催されているマラソン大会「横浜マラソン」に参加し、ボランティアで給水所を運営しているほか、行員のランナーが出走しています。

はまぎん産業文化振興財団による文化活動(横浜銀行)

はまぎんホール「ヴィアマーレ」にて文化講演会やコンサートを開催しています。また、中小企業の事業主の方々や神奈川県産業労働局と協力して、「神奈川県中小企業技術者等海外派遣団」(昭和45年開始)および「神奈川県商業従業者海外派遣団」(平成元年開始)を組成して、地域の企業の方々らを欧州各国へ視察研修に派遣しています。

ボランティアキャラバンによる活動(東日本銀行)

地域貢献活動のための組織として、ボランティア・キャラバンを1999年に結成し、老人ホーム等の社会福祉施設を訪問しています。踊り・唄・楽器演奏等を披露し、利用者との交流を深めています。

バリアフリーへの取り組み(横浜銀行/東日本銀行)

誰もが利用しやすい銀行をめざし、バリアフリー化を推進しています。

銀行施設の開放(横浜銀行/東日本銀行)

両行本支店の会議室やロビーを地元の方の集まりの場や、絵画などの展示スペースとして開放しています。

CSR・SDGsの取り組み

ページトップへ