閉じる

気候変動への対応(TCFD提言への取り組み)

コンコルディア・フィナンシャルグループは、「TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)」(※)の提言に賛同しており、TCFD提言が推奨する気候変動に関する情報開示の拡充に取り組み、適切に対応していきます。

(※) TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures):
2015年12月に金融安定理事会(FSB)により設立された、気候関連情報開示を企業へ促す民間主導のタスクフォース。
  • ガバナンス

  • 当社社長を委員長とするグループSDGs委員会を設置し、気候変動への取り組み方針の策定・進捗を一元的に管理できる体制を整備しました。

    グループSDGs方針を制定し、気候変動を含む社会的課題に対するリスクと機会について、取り組み計画を策定し、定期的に取締役会へ報告していきます。

  • 戦略

  • 当社グループの気候変動を含む社会的課題に対するマテリアリティを特定しました。

    炭素関連資産の管理に関する検討に取り組み、物理リスクや移行リスクの影響の分析に努めていきます。

    当社グループの経営に影響を及ぼす可能性のあるシナリオとして、移行リスクは、「IEA2℃シナリオ」「IEA決定政策シナリオ(4℃シナリオ)」をもとに、物理リスクは、IPCCのRCP(代表的濃度経路)シナリオ「RCP2.6」「RCP8.5」をもとに、リスクと機会の評価に関する取り組みを検討してまいります。(※1,2)

    炭素関連資産(電気、エネルギー等)の貸出金(※3)に占める割合は0.3%です。

  • リスク管理

  • 気候変動リスクによる当社グループの貸出金への影響を踏まえた信用リスク、当社グループの有形固定資産にかかるリスク、オペレーショナルリスク等の管理態勢構築に取り組みます。

    気候変動に起因するリスクを認識し、石炭火力発電、森林伐採、パーム油農園に関する事業への取り組み方針を導入し、炭素関連資産の増加抑制に努めていきます。

    気候変動リスク(物理的リスクや移行リスク)を影響度と蓋然性を考慮のうえトップリスクとして認識し、総合的リスク管理の枠組みで管理できる体制の構築に取り組んでいきます。

  • 指標と目標

  • 目標 国内事業所におけるCO₂排出量の削減目標:2030年度に2013年度比26%削減
    モニタリング指標 Scope1(直接)・Scope2(間接)のCO₂排出量
    実績 CO₂排出量の削減実績(※4)は、2013年度比で2019年度は20.3%です。
(※1) IEA(国際エネルギー機関):石油を中心とするエネルギーの安全保障を目的とするOECD(経済協力開発機構)の下部機関であり、29か国が加盟している。
(※2) IPCC(気候変動に関する政府間パネル):人為起源による気候変化、影響、適応および緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価をおこなうことを目的とする組織。
(※3) 2020年3月末時点における横浜銀行と東日本銀行の貸出金。
(※4) Scope1・Scope2のCO₂排出量を省エネ法の定期報告書の基準に準拠して集計。
環境関連のおもなデータ(横浜銀行と東日本銀行2行合算)
項目 単位 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
CO₂
排出量
Scope1
(直接排出)
tCO2e 808 783 815 828
Scope2
(間接排出)
tCO2e 23,614 22,696 21,565 21,066
合計
①+②
tCO2e 24,422 23,479 22,380 21,894
エネルギー使用量合計
(原油換算)
KL 12,630 12,512 12,277 12,264
エネルギー使用量合計 GJ 489,539 484,958 475,859 475,332
電力使用量 千KWh 44,037 44,034 42,705 42,651
項目 単位 2016年度 2017年度
CO₂
排出量
Scope1
(直接排出)
tCO2e 808 783
Scope2
(間接排出)
tCO2e 23,614 22,696
合計
①+②
tCO2e 24,422 23,479
エネルギー使用量合計
(原油換算)
KL 12,630 12,512
エネルギー使用量合計 GJ 489,539 484,958
電力使用量 千KWh 44,037 44,034
項目 単位 2018年度 2019年度
CO₂
排出量
Scope1
(直接排出)
tCO2e 815 828
Scope2
(間接排出)
tCO2e 21,565 21,066
合計
①+②
tCO2e 22,380 21,894
エネルギー使用量合計
(原油換算)
KL 12,277 12,264
エネルギー使用量合計 GJ 475,859 475,332
電力使用量 千KWh 42,705 42,651

当社グループのサステナビリティ長期KPIはこちら

ページトップへ